2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 日本メール碁会談話会 | トップページ | クリスマス・コンサート »

2016年12月 8日 (木)

物理はイメージか否か

「物理はイメージ!」をキャッチフレーズに、学研から「橋元流解法の大原則」、東進ブックスから「物理をはじめからていねいに」を出版したり、東進衛星予備校で講座をやったりしているが、ネット上でたまに「物理はイメージではない」という批判的な書き込みを見ることがある。それはあくまで個人の物理観であって、どちらが正しいかというような問題ではないのだが、物理の最前線の素粒子論の世界では、ほとんど数学的論理が真理を導くのであって、イメージなどが入り込む余地はないというような書き込みを見て、ちょっと反論したくなった。たしかに現在の標準理論とその先を行く理論は難解な数学的論理のように見えるが、しかし、そこにイメージがないのかというと、決してそうではないというのがぼくの主張である。分かりやすい例をあげれば、17世紀に生きた人たちがニュートンの物理学にイメージが描けたかどうかという問題を考えてみよう。おそらく、ほとんどの人々はニュートンの微積分を駆使した物理理論にイメージなど描けなかったであろう。ところが今では、高校生でもニュートン力学のイメージを描くことは容易である。つまり、我々は未だ標準理論とその先の物理学に慣れていないだけなのである。ボーアの水素原子に関する量子条件は非常に難解なものであった。しかし、電子が軌道上に定常波となって存在するとイメージすれば、正しい解が得られるのである。どんな数学的に難解な理論であろうと、現実に存在する物理的対象を扱うものであるかぎり、必ずそのイメージが存在する。これはぼくの信念であり、けっして間違っていないと思う。要は想像力の問題である。

« 日本メール碁会談話会 | トップページ | クリスマス・コンサート »

コメント

「イメージでわかる物理基礎&物理 橋元流解法の大原則」の電磁気・熱・原子編待ってます。よろしくお願いします。

t-yamaさん、コメントありがとうございます。
大原則の「電磁気・熱・波動編」はすでに脱稿して、現在、学研の方で編集作業に入っています。校正を経てからの出版なのでもう少し時間がかかるかと思いますが、いましばらくお待ち下さいますようお願い致します。

はじめまして。
ある九州の片田舎で、学習塾を開いております。

『物理はイメージ!!』というのは、正にその通りであると思います。と言うか、『学問はイメージ』なのかも知れませんが。
たとえば数学の苦手な生徒は、今解いている問題のイメージ≒全体像≒解法が、頭の中で描けていない場合が殆んどです。

世間には他人を批判するのに熱心な方もいますが、そのような言葉に負けずに、今後とも一人でも多くの方が物理の面白さに目覚めるように講義・執筆等に励まれることを念願しております。

ジプシーさん、嬉しい励ましのコメントありがとうございます。
ぼくの物理教育の考え方を支持して下さる方々は、権威あるエリート達ではなく、全国津々浦々で物理を教え、物理を学び、現場の実情を知っている大勢の仲間たちです。それをぼくは誇りに思っています。今後ともどうぞよろしくお願い致します。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180352/64596162

この記事へのトラックバック一覧です: 物理はイメージか否か:

« 日本メール碁会談話会 | トップページ | クリスマス・コンサート »

ウェブページ