2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 大阪府北部地震と近況ご報告 | トップページ | 火星大接近 »

2018年7月22日 (日)

地震・豪雨・酷暑。祝優勝・御嶽海

大阪府北部地震から早やひと月。その後、豪雨、酷暑のひと月である。我が家を含め六甲山麓地域一帯は土砂災害指定地域であり、東灘の方では土砂崩れがあったが、心配していた芦有道路は通行止めになったものの、全体として間一髪のところでセーフであった。しかし、この後、何が起こるか分からない不安が残る。3年前の土砂崩れでは有馬六甲間が1年以上通行止めになり、復旧後は阪急バスがまるでこの時を逃さじとバスのダイヤを間引きしてしまったのだ。死人を鞭打つとは、まさにこのことである。1月の嵐で壊れたままだった窓枠の修理工事が、タイミングを逸し、豪雨の後になってしまったのも、残念なことであった。しかし、浸水や土砂崩れで家を失い、あるいは命を落とした人たちに比べれば、幸運としか言いようがない。災害地域でボランティア活動をする人たちには頭が下がる。自らが赴かず不遜ではあるが、700人以上、最近さらに6人も増やした国会議員の誰一人として災害地のボランティアに行かないのは、政治家の傲慢としか言いようがない。いかに国会会期中とはいえ、席にふんぞり返ってヤジを飛ばすよりも、災害ボランティアのために国会欠席する議員の方が明らかに国民の側にあるのは明らかだ。今に始まった話ではないが……。7月9日、半年待たされた窓枠の修理工事がようやく終了。10日11日、東進衛星予備校収録のため吉祥寺へ。17日、ゴルフ。豪雨で関西のゴルフ場は軒並み被害を受けたようだが、我がクラブも相当のダメージを受け、4日ほど休業の後再開したが、コースのあちこちに剥き出しの斜面が迫り、あまり優雅な気分になれないのであった。
本日、大相撲名古屋場所千秋楽、平幕の御嶽海が優勝した。御嶽海の故郷は御岳山の麓、長野県木曽郡(旧西筑摩郡)上松町だそうだ。かくいう小生、大阪生まれではあるが、じつはつい最近まで本籍地は上松町であった。親父が木曾の生まれで、小学生の頃から一緒に木曾駒ヶ岳や御嶽山に登ったものだった。JR上松駅の石垣は親父の父、すなわち私の祖父が築き上げたものらしい。中央線のSLの煙の中で親父からそんな話を聞いたのも、遠い昔のこととなった。
20180717_103839_1600


« 大阪府北部地震と近況ご報告 | トップページ | 火星大接近 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180352/66975733

この記事へのトラックバック一覧です: 地震・豪雨・酷暑。祝優勝・御嶽海:

« 大阪府北部地震と近況ご報告 | トップページ | 火星大接近 »

ウェブページ